商標登録がしやすくなります!

改正商標法が成立しました。

いくつかの改正点がありますが、お知らせするのは「お金」の話です。

商標登録するために出願をして、特許庁の審査を通過すると、「登録査定」というものが送られてきます。
登録査定が送られてきた後所定期間内に「登録料」を特許庁に納めると、商標登録されます。
登録商標は10年間存続しますが、「更新登録料」を特許庁に納めると、更新登録されます。更新は何回でもできます。

「登録料」と「更新登録料」が引き下げられることになりました。

商標は出願するときに、その商標を使用する商品・サービスを願書に書き、さらに、書いた商品・サービスが属する「区分」も願書に書くことになっています。登録料、更新登録料などは、この区分の数によって決まります。

現状では、「登録料」・「更新登録料」は以下の通りです。
「登録料」=37,600円×区分数
「更新登録料」=48,500円×区分数

改正により、以下のようになります。
「登録料」 =28,200円×区分数
「更新登録料」=38,800円×区分数

残念なのは、この改正点がいつから施行されるか不明なことです。
1年以内には施行されますが。
施行日が分かり次第お知らせします。