®の注意点

商標、ブランドの右端などに「®」の記号を見かけることはありませんか?

これは、「Registered Trademark」。
つまり、”登録商標”であるという記号です。
ですので、通常は登録商標に、この®記号が付けられています。

®記号が、このような意味であることから、登録商標でないものに®を付けるのは問題です。

これに関連する規定が商標法に存在しています。

商標法第74条です。
「(虚偽表示の禁止)
第七十四条  何人も、次に掲げる行為をしてはならない。
一  登録商標以外の商標の使用をする場合において、その商標に商標登録表示又はこれと紛らわしい表示を付する行為
二  指定商品又は指定役務以外の商品又は役務について登録商標の使用をする場合において、その商標に商標登録表示又はこれと紛らわしい表示を付する行為
・・・」

まず、第一号は、登録商標でない商標に、商標登録表示や紛らわしい表示をする行為は虚偽表示になると規定しています。®記号は、商標登録表示と紛らわしい表示に該当すると考えられます。

第二号は、商標は登録商標と同じでも、指定商品・指定役務とは異なる商品・サービスに登録商標を使う場合に®記号などを表示すると虚偽表示になると規定しています。この規定は要注意です。指定商品・指定役務の内容を十分に把握しておく必要があります。

実は、さらに注意すべき条文が商標法に存在します。

商標法第80条です。
「(虚偽表示の罪)
第八十条 第七十四条の規定に違反した者は、三年以下の懲役又は三百万円以下の罰金に処する。 」

なんと、第74条の規定に違反した場合には懲役刑や罰金刑があります。

このように、うかつに®記号を表示するのはキケンです。