商標登録の費用はどれ位かかるのか?(その2)

昨日は、商標登録の費用は「区分の数」で決まることをお伝えしました。

本日は、どのタイミングで、どのような商標登録の費用が発生するのか、という点のうち、出願前の準備段階での費用についてお伝えします。

【商標登録出願前】

商標調査・・・商標登録出願をする前に、出願しようとしている商標を使っても問題ないか、商標登録の可能性はどれ位あるか、といったことを探るために、商標のデータベースを検索して他人の登録商標や出願中の商標を調べることです。

商標調査は、無料で行う弁理士もいますし、有料で行う弁理士もいます。

違いは商標のデータベースであると思われます。

無料のケースでは、特許庁が提供している無料の商標データベース、有料のケースでは、民間企業が提供している有料の商標データベースを使っています。当然のことながら、有料の方が精度は高いです。

ちなみに、弊所では、特にご希望であれば有料の商標調査を行います。
金額は、¥30,000×区分の数(税別)です。

商標調査をご希望されない場合でも無料の商標調査は行っています。