商標無料検索・調査のご提案

商標登録のご依頼を頂きますと、事前に商標調査ということを行います。
商標調査は、事前に商標のデータベースを検索して、商標登録をご希望の商標と同一又は類似の商標が既に商標登録や商標出願をされていないかを確認することです。
既に、商標登録をご希望の商標と同一の他社登録商標が存在していると、当該商標を商標登録することは無理ですし、また、類似の登録商標が存在していると、当該商標を商標登録することは困難でありますので、ご依頼の商標出願が無駄になってしまうため、事前の商標調査は重要になります。
さらに、同一又は類似の他者登録商標が存在しているケースで、当該商標を使用してしまうと、他者の商標権を侵害することになる可能性がありますので、この意味でも商標調査は非常に重要です。

商標登録のご依頼を頂いて、調べてみると、既に、その商標は第三者に商標登録されていることも

冒頭述べましたように、商標登録のご依頼を頂くと、まずは、商標登録をご希望の商標を調査します。
商標調査の結果、ご希望の商標と同一又は類似の他者登録商標が存在している、というケースは意外と多いです。
ご希望の商標と同一又は類似の商標が既に存在しているなんて偶然、そんなに起こり得ないとお考えの方も結構いらっしゃるのですが、そうでもなかったりします。その理由は以下の2点が考えられます。

・毎年10万件以上の商標出願がある
・ネーミングの方法には傾向があり、事業者は同じようなネーミングをしがち

毎年膨大な量の商標出願があり、それが何年も積み重なっていますので、相当の数の商標が商標登録されていますので、それらと同じような商標を採用してしまうことは、起こり得ないほどの偶然ともいえません。

また、数を多くの商標を見たきた経験より、ネーミングの手法には幾つかのパターンがあり、同じ業界の事業者は同じようなネーミングをしがちであることも、商標がカブリ易い理由と考えられます。

そのため、上述のように、商標登録をご希望でも残念ながら、既に同じような商標が登録されていることはよくあることです。

商標を”決定”してしまう前に商標調査を

このように、商標調査をしてみたところ、既に、同様の商標が商標登録されているケースで、その商標を既に使用しているとか、既に変更のきかない段階にきている場合は、厄介です。

これから、その商標を商標登録することができない、ということだけであれば、まだよいのですが、その商標を使用するということは、当該他人の商標権を侵害することにつながるためです。

そこで、是非お願いしたいことは、商標を決定してしまったり、変更がきかない状況になる前に、商標調査のご依頼を頂きたいということです。

商標調査は無料で行える場合もある

商標調査の費用は、弁理士や特許事務所によって様々です。

弊所では、文字の商標の場合は、特許庁のデータベース「特許情報プラットフォーム J-PlatPat」を検索して行う商標調査は無料で行っています。
他所でも無料の商標調査を実施しているところもあるかもしれませんが、弊所では、必ずしも、その後弊所で商標登録をしなければならない、といった条件などは設定しておりませんので、どうぞ、お気軽に弊所弁理士を活用して、商標調査のご依頼を頂けますと幸いです。

 

調査ご希望商標
商標を使用される商品・サービス
貴社名
ご担当者様お名前
E-mail
電話番号

トップページ