弁理士とは?

弁理士とは?

初めてお会いする異業種の方とご挨拶すると、
「弁理士さんてどんな仕事されるんですか?」
「初めて弁理士さんに会いました。」
「弁護士さんなんですね。」
「便利士さんってどんな仕事もやるんですか?」
といったことを言われる方が多いです。

もともと弁理士はマイナーな資格と思っていましたが、想定していたより知られていないようです。

そこで、弁理士のことを少し紹介させて頂きます。

まず弁理士は何者か?
一言で言うと「知的財産の専門家」ということになります。

ちなみに、「弁理士法」という法律があり、平成26年に改正されました。幾つかの改正点がありますが、ここでは改正された第1条のみご紹介します。

(弁理士の使命)
第一条 弁理士は、知的財産に関する専門家として、知的財産権の適正な保護及び利用の促進その他の知的財産に係る制度の適正な運用に寄与し、もって経済及び産業の発展に資することを使命とする。

ここで「知的財産」は、「知的財産基本法」という法律に規定されている内容で、おおむね「発明、考案、植物品種、意匠、著作物、商標、商号、営業秘密」などが含まれます。

もう少し具体的に、弁理士の仕事内容をご紹介します。

まずは、「特許出願の手続の代理」です。これは、クライアントに代わって発明を文章にした「明細書」等の書類を作成して願書とともに特許庁に提出する手続になります。この明細書を作成するのが、弁理士の1番代表的な仕事といえます。明細書は、発明を説明するための書類ですが、発明の内容を正確に漏れなく文章と図面を使って説明するのは意外と難しく、慣れていない方にとってはかなり困難と言えるでしょう。

次は、「商標出願の手続の代理」です。これは、クライアントに代わって商標出願の願書を作って特許庁に提出する手続になります。商標出願の願書には、当たり前のことですが、出願する商標を記載します。どの商標を出願するのかを決めるのは、実は意外と難しいのです。例えば、図形と文字の組み合わせからなる商標の場合、「図形だけ出願する」、「文字だけ出願する」、「図形と文字をまとめて1件の出願をする」、「図形と文字を分けて2件の出願をする」など、複数の方法が考えられます。どのパターンが良いかはケースバイケースになりますが、商標に強い弁理士にご相談されるのが良いかと思います。
また、商標を出願する際の願書には、その商標をどのような商品・サービスに使用するのかを記載します(これを「指定商品・指定役務」といいます。)。この指定商品・指定役務を過不足なく記載することも中々難しいです。ビジネスで実際に使用している商品やサービスが指定商品・指定役務から漏れていては商標登録する意味が半減してしまいます。

以上のように、弁理士の仕事は、基本的にはクライアントが特許庁に提出する手続の代理です。ですので、クライアントがご自分で特許庁に手続をするのは当然可能です。しかし、実際に特許庁に対する手続は難しい場合が多いので、我々弁理士が代わりに手続をお手伝いするということになります。

トップページ