®を真剣に

®は「Registered Trademark」=「登録商標」を意味するものです。

で、この®、登録商標を付けた商品などに表示してもよいし、表示しなくてもよい。
どっちでもいいのですが、まぁ表示しておいた方がいい位の感じです。
が、登録商標でないのに®を表示するのは禁止されておりますので、ご注意を。

世の中の登録商標に®が表示されているものいないものある訳ですが、実際どのような場合に®を表示しておいた方がよいかご紹介します。

①登録商標の普通名称化を避けたい場合
普通名称化とは、ある商品やサービスの分野でかなり有名で、その分野の代名詞的な存在となり、本来はある企業の固有の商標であったものが、その分野の普通名称と思われてしまうことです。
例えば、山佐時計計器の「万歩計」や三島食品の「ゆかり」。
これらの商品は、歩数計や赤シソふりかけの代名詞で普通名称化しそうです。登録商標が普通名称化してしまうと、商標権を行使することが難しくなり、似たようねネーミングの類似商品が出てきたときに対応が難しくなります。
そこで、両社とも積極的に®を表示して、それぞれ自社の登録商標であって、その分野の商品の普通名称ではないことをアピールしているのです。

②登録商標であることをアピールしてライバル企業を牽制したい場合
指定商品や指定役務の内容や質を普通に表示するに過ぎない商標は識別力がない(自社商品サービスと他社商品サービスを区別できない)ため、商標登録されないと以前お伝えしました。
が、指定商品・指定役務の内容などを遠回しに示唆したり暗示する商標は、識別力があるのか無いのか微妙でして登録される場合もあります。
例えば、「弁理士業」というサービスについて「商標アシスト」という商標の場合。
この商標を「商標関係の業務を手伝うサービス」と考えれば単にサービスの内容を示す商標なので登録されないかもしれません。
しかし、この商標を「商標を手伝うサービス」と考えると商標の何を手伝うのかよくわからないので必ずしもサービスの内容を示しているとはいえないとして登録されるかもしれません。
いずれにしても、もし「商標アシスト」が商標登録された場合、識別力が微妙であまり商標らしくないので、他の弁理士が商標関係のサービスを提供するときに何気なく使われてしまいそうです。
それもまた困るので、「あまり登録商標っぽくないけど自分の登録商標だよ。」とアピールするために®が使われる場合もあるのです。