何年も前から使ってる商標だから問題ないでしょ?!

「商標登録した方がいいですよ。」というセリフ、職業柄よく使います。

これに対して、たまにこうおっしゃる方がいらっしゃいます。

「ウチの商標は何十年も前から使ってるから、これから他の会社に似たような商標を出願されても問題ないでしょ。」

30%くらい正解ですかね、この方。

確かに「先使用権」というものがあります。

ただ、この先使用権、簡単には認めてもらえません。
先使用権が認められるための要件はいくつかありますが、1番のネックになるのは、その先に使用していた商標が「有名」になっていないといけない、というものです。
で、その有名さを証拠などで示さないといけないので、なかなか厄介です。
そもそも、どの程度で「有名」なのか明確な基準もありませんし。

また、先使用権が認められる範囲も、その商標を前から使っていた商品・サービスに限られます。
なので、後から別の商品・サービスに、その商標を使おうと思っても先使用権が認められないかもしれません。

このように、先使用権は使い勝手がよいともいえません。
昔から使ってきてコクな感じもあるのですが...

でも仕方のないことです。
一方では、コストをかけて商標出願し登録しているのですから。
ただ前々から使っているというだけで、そのまま使い続けられるとしたら、商標制度が存在する意味がなくなってしまうからです。