フランチャイズに欠かせない商標登録

フランチャイズ契約の中核・本質は?

ノウハウ・サービス・マニュアルなどを、フランチャイザーがフランチャイジーに利用させることなどと思いますが、
やはり1番大きいのは「ブランド」ではないでしょうか?

つまり、フランチャイザーのブランドをフランチャイジーに使用許諾すること。
例えば、「宮下商店」を営んでいたフランチャイジーが、「セブンイレブン」を名乗れるようになるということですね。

なので、フランチャイジーがフランチャイザーに支払うロイヤリティの一部は、ブランド使用料ともいえるでしょう。

ということで、フランチャイジーは、ロイヤリティを払うことにより、フランチャイザーのフランドを使用する権利を得ることができます。

一方、フランチャイザーは、フランチャイジーに対して、自己のブランドを使用させる義務が生じるともいえます。

となると、フランチャイザーとしては、自分のブランドが使えなくなる(フランチャイジーに使用させることができなくなる)と困ってしまします。

はい。そうなんです。
だから、フランチャイザーには是非とも商標登録して頂きたいものですね。