商標登録をする意味を深掘り

これまでに何度か「商標登録をする意味」をご案内しています。

2つありました。

1つ目は、「自分の商標を商標登録していないうちに、他人に自分の商標と同様の商標を登録されてしまうと、自分の商標を使用することができなくなる。」

2つ目は、「自分の商標を商標登録していないと、他人に自分の商標をマネされても文句が言えなくなるか、言うのが難しくなる。」

ここでは、2つ目の意味を深掘りしてみたいと思います。
具体例をあげてみます。
私がラーメン屋を始めました。ラーメン屋の店名は「ラーメン ラブラドール」です。
ちなみに、ラーメン屋などの飲食店の名前も商標登録の対象となります。

その後、私のラーメン屋「ラーメン ラブラドール」、どういう訳か「おいしい」と評判になり、そこそこ人気がでてきました。
でも、ラーメン屋の名称の商標登録はしていません。

次第に、私の店の評判にあやかろうと、似たようなラーメン屋がいくつか出店してきました。
「ラーメン ラブラドル」「ラーメン ラフラドール」「ラーメン ラブラドーレ」など。

どれも、私の店の名前と紛らわしい位似ています。お客さんも間違えることでしょう。

また、これらのラーメン屋は、名前だけはマネしてきたものの、味は全然おいしくない。

しかし、私は「ラーメン ラブラドール」を商標登録していないので文句も言えない。
(ちなみに、「ラーメン ラブラドール」が有名になっていて、その有名さを証明できれば不正競争防止法という法律に基づいて文句を言える場合はあります。この事例では、そこまで有名でないものとします。)

となると、「ラーメン ラブラドール」に来たつもりのお客さんが「ラーメン ラブラドル」「ラーメン ラフラドール」「ラーメン ラブラドーレ」のラーメンを食べて、こうなります。

「『ラーメン ラブラドール』はおいしいと聞いて来たのにマズイじゃないか!」

つまり、商標をマネされたまま放置することにより、せっかく好意的に受けとめられていた「ラーメン ラブラドール」の評判が落ちてしまいます。ブランド力が落ちるということですね。

もう一つ考えるべきことがあります。

商標をマネされたまま放置するということは、「お客さんが間違えてしまう」状態もそのままにしてしまうということになります。

商標登録するということは、お客さんに不利益が生ずることを防ぐという意味もある訳です。