キャラクターは商標登録すべき?

キャラクターを商品やサービスに使用する場合には、そのキャラクターを商標登録すべきです。
実際に、世間に存在している多くのキャラクターは商標登録されています。

キャラクターを商標登録せずに使用していて、他人にそのキャラクターを商標登録されてしまうと、そのキャラクターを商品やサービスに使えなくなるというデメリットがあります。
また、他人に無断でキャラクターを使用されても文句をいうことができないか、難しくなるというデメリットもあります。

現実に、キャラクターを、無関係の第三者に勝手に商標登録出願されてしまったとか、偶然にキャラクターの名前と同じネーミングを第三者に商標登録出願されてしまったという事件が起きています。

キャラクターの名前は、大抵3~5文字程度で、最後に「~リン」や「~ピー」が付けられることが多いなど、ネーミングの仕方に共通性があることが多いです。その結果、同じようなキャラクターの名前を採用してしまいがちなので特に注意が必要です。

また、地方公共団体のイメージキャラクター・マスコットキャラクターは地元企業などに使用許諾されていることが多いです。この場合、キャラクターを第三者に商標登録されてしまうと、これら地元企業にも損失が発生してしまうため、慎重な対応が求められるといえるでしょう。

無料相談

商標登録費用お見積り

商標登録出願のご依頼