Q.商標登録はどの弁理士に依頼しても同じですか?

A.弁理士の主な業務は、特許・実用新案・意匠・商標の出願手続の代理です。
従って、特許が得意な弁理士、意匠が得意な弁理士、商標が得意な弁理士がおりますので、それぞれ依頼する仕事内容によって得意な弁理士を選択されることをオススメ致します。
商標登録の場合、どの商標を出願するのがいいのか(文字や図形をどう出願するか)、商品・サービスはどの範囲を指定するのがいいか、出願した商標に対して、特許庁が登録せずに拒絶すると言ってきた時に適切な反論ができるか、といった点で、適切な範囲で商標登録ができるかや、商標登録ができる可能性が変わってきます。

商標登録出願のご依頼はこちら。