弁理士を選ぶときに気をつけたいこと

2016年10月11日付で日本弁理士会の会長名で、会員の弁理士に対し、ホームページや広告における表示について注意がなされています。
(日本弁理士会は、弁理士になるための必要加入団体のため、弁理士は全て日本弁理士会の会員です。)
具体的には、弁理士事務所・特許事務所のホームページや広告に、以下のような不適切な表示が記載されているのが多々見受けられるため、改善を求めるという内容です。

・他の事務所との比較
・登録率の表示
・「格安」
・「激安」
・「業界初」
・「日本初」
・「最低水準の費用」
・「通常の半額の費用」
・「登録されなかったときは印紙代を含む費用を返す」

以上のような表示を弁理士や特許事務所のホームページや広告で見かけたら、その弁理士や特許事務所は”要注意”かもしれません。

個人的には、あまり規制を強めることはいかがと思うところもありますが、確かに過大な表現や事実に基づくのか不明な表現は慎むべきと考えています。

例えば、「他の事務所との比較」では、
A事務所は¥50,000
B事務所は¥40,000
弊所は¥20,000
のような表示になろうかと思われますが、数ある弁理士・特許事務所の中からなぜA事務所やB事務所を抽出したのか? 恣意的に選んだのではないかとの疑義が生じます。

「格安」「激安」「最低水準の費用」「通常の半額の費用」等の表示は、何らかの基準となる価格があって、それとの比較において”安い”ということになろうかと思いますが、そもそもどの価格を基準としているのか不明ですね。弁理士の報酬は、弁理士と依頼人との間で自由に決めることができるので、基準価格など無いようにも思います。

「業界初」「日本初」という表示については、本当に「初」なのか、どのように調べたのか大いに疑問ですね。全ての弁理士・特許事務所がホームページを持っていて、そこに業務内容や価格等が全て表示されている状況であれば、「初」かどうか調べられるのかもしれないのですが、ホームページを持っていない事務所もありますので、「初」かどうかなど、全ての弁理士にアンケート調査でもしない限り調べようがないでしょう。

以上のように、過激な表現をしているホームページや広告にはよく注意をされた方が良いでしょう。