商標法第八十一条の二

商標法第八十一条の二は、秘密保持命令違反の罪について規定しています。

第一項

第一項は、秘密保持命令違反罪の内容を規定しています。
具体的な条文は以下の通りです。

「第三十九条において準用する特許法第百五条の四第一項 の規定(第十三条の二第五項において準用する場合を含む。)による命令に違反した者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。

 

第二項

第二項は、本条の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができないと定めています。
秘密保持命令違反の特殊性からくる規定です。
具体的な条文は以下の通りです。

「前項の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。 」

第三項

第三項は、秘密保持命令違反については、国外犯も処罰の対象にすることを規定しています。
具体的な条文は以下の通りです。

「第一項の罪は、日本国外において同項の罪を犯した者にも適用する。 」