商標法第七十三条

商標法第七十三条は、商標登録表示について規定しています。
登録商標を、その指定商品・指定役務に使用する際は、商標登録表示を付すべき旨を規定しています。
商標登録表示は、当該商標が登録商標であることを表示することによって、第三者が当該登録商標に係る商標権を侵害しないように予め警告するという意味合いがあります。
しかし、本条は訓示規定、すなわち、努力義務であり、登録商標を使用する際に必ず商標登録表示をしなければならない訳ではありません。
ただし、次条や商標法第八十条により、登録商標でないもの等に商標登録表示をすることを問題となります。
なお、商標登録表示は経済産業省令で定めるとされていますが、具体的には、「登録商標」の文字と登録番号になります。
具体的な条文は以下の通りです。

「商標権者、専用使用権者又は通常使用権者は、経済産業省令で定めるところにより、指定商品若しくは指定商品の包装若しくは指定役務の提供の用に供する物に登録商標を付するとき、又は指定役務の提供に当たりその提供を受ける者の当該指定役務の提供に係る物に登録商標を付するときは、その商標にその商標が登録商標である旨の表示(以下「商標登録表示」という。)を付するように努めなければならない。 」