商標法第七十一条

商標法第七十一条は、特許庁に備えられた商標原簿に登録すべき事項について規定しています。
商標原簿への登録は、効力発生要件となったり、対抗要件となる場合があります。

第一項

第一項は、具体的な登録事項を規定しています。
具体的な条文は以下の通りです。

「次に掲げる事項は、特許庁に備える商標原簿に登録する。
一  商標権の設定、存続期間の更新、分割、移転、変更、消滅、回復又は処分の制限
二  防護標章登録に基づく権利の設定、存続期間の更新、移転又は消滅
三  専用使用権又は通常使用権の設定、保存、移転、変更、消滅又は処分の制限
四  商標権、専用使用権又は通常使用権を目的とする質権の設定、移転、変更、消滅又は処分の制限」

第二項

第二項は、商標原簿の調製方法を規定しています。
具体的な条文は以下の通りです。

「商標原簿は、その全部又は一部を磁気テープ(これに準ずる方法により一定の事項を確実に記録して置くことができる物を含む。以下同じ。)をもつて調製することができる。」

第三項

第三項は、登録に関する細目は、政令で定めるとしています。「商標登録令」という政令が定められています。
具体的な条文は以下の通りです。

「この法律に規定するもののほか、登録に関して必要な事項は、政令で定める。 」