商標法第七十条

商標法第七十条は、登録商標に類似する商標についての特則、具体的には、商標の色彩に関する規定を定めています。

第一項

第一項では、商標法の一部の規定については、登録商標と色彩の除けば同一の商標については、登録商標に含まれることと規定しています。
登録商標と少しでも違う色の商標を使用している場合でも不使用取消審判の対象となってしまうのは妥当でないこと等から、このような規定が存在しています。
具体的な条文は以下の通りです。

「第二十五条、第二十九条、第三十条第二項、第三十一条第二項、第三十一条の二第一項、第三十四条第一項、第三十八条第三項、第五十条、第五十二条の二第一項、第五十九条第一号、第六十四条、第七十三条又は第七十四条における「登録商標」には、その登録商標に類似する商標であつて、色彩を登録商標と同一にするものとすれば登録商標と同一の商標であると認められるものを含むものとする。 」

第二項

第二項は、第一項と同様の規定を登録防護標章にも適用する趣旨を定めています。
具体的な条文は以下の通りです。

「第四条第一項第十二号又は第六十七条における「登録防護標章」には、その登録防護標章に類似する標章であつて、色彩を登録防護標章と同一にするものとすれば登録防護標章と同一の標章であると認められるものを含むものとする。 」

第三項

第三項では、第一項の規定を適用すると妥当でない結果となる条文については、第一項の規定を適用しないとする趣旨で設けられています。
具体的な条文は以下の通りです。

「第三十七条第一号又は第五十一条第一項における「登録商標に類似する商標」には、その登録商標に類似する商標であつて、色彩を登録商標と同一にするものとすれば登録商標と同一の商標であると認められるものを含まないものとする。」

第四項

第四項は、いわゆる”新しいタイプの商標”として、色彩のみからなる商標の登録制度が導入されたことに伴い新設された条文です。
色彩のみからなる登録商標は、色彩が重要であるので、色違い商標を色彩のみからなる登録商標に含めるのは妥当ではないため、色彩のみからなる商標については前三項の規定を除外しています。
具体的な条文は以下の通りです。

「前三項の規定は、色彩のみからなる登録商標については、適用しない。 」