不当表示に気を付けましょう

商標のことをご存知ない事業者の方はたくさんいらっしゃいます。

商標の仕事をしていると、クライアント様の商品パッケージやチラシなどを目にすることもあります。

自分の仕事と直接関係がない広告なども見る機会があります。

そんなパッケージ・チラシ・広告などを見ていると、

商標よりも、

「景品表示法」

のことを知らないであろう方はもっと多いだろうな、と思ってしまいます。

先日、景品表示法が規制する不当表示を行った事業者に、売上の3%の課徴金を科す制度が来年4月から導入されることが報道されていました。

ちなみに、対象となる不当表示は、

「優良誤認」・・・商品・サービスが実際よりも著しくよりも良いと思わせるような表示

「有利誤認」・・・商品・サービスが実際よりも著しく安いと思わせるような表示

です。

たまに、マーケティング的な本を読んでいると、「売れるコピー」などと題して、結構あやうい表示を推奨しているものも見受けられますが...

大丈夫なのか?

表示をキビしくチェックする企業にいたことがあるので、気になってしまいます。